BELLE DENTAL CLINIC



Q1. 舌に歯の跡がついて顎の成長が良くなく窮屈ですがどうしたらいいでしょうか。

年齢によりますが、大人の方は矯正をして顎の歯並びを大きくして歯に当たらないようにしていくことで解決すると思います。またお子様の場合は顎の成長を考えてMFTという咬合育成をして顎を大きくして、噛み合わせをしっかり直していくことをお勧めします。

Q2. 歯並びの悪さは遺伝しますか?

必ずしも遺伝するとは限りません。遺伝的な要素もありますが、他に後天的な要素もあります。後天的な要素には、指しゃぶりの時期が長い、爪を噛む癖がある、頬杖をつくなど、いろいろな原因が考えられます。

Q3. 矯正を行うのはいつごろがいいのですか?

現在の矯正治療では、年齢に制限されることなく、どのような不正は歯ならびであっても、歯の移動は可能です。それは、「矯正治療」についての理論や術式が研究・開発されてきているからです。しかし、歯槽骨(骨)の中にしっかりと埋まっている歯の根を動かすのは簡単なことではなく、その程度は不正咬合(不正な歯ならびや噛み合わせ)の種類やその原因、また患者さんの年齢などにより異なります。

一般的に、理想的な治療経過を得られるのが、学齢期の初期(10歳前後)とされています。その理由として、永久歯は、6歳から12-13歳くらいまでの間に順次生え変わっていき、この間、顎の骨も少しずつ発育し、12-14歳くらいの間の成長が最も大きいものであり、以後、成長は緩やかなものになります。矯正治療は、顎の成長を利用するほうが有利ですから、14-15歳くらいまでに治療が終了していることが望ましいのです。それぞれのケースにより、治療の期間は異なりますが、およそ1年半から3年くらいと考えると、10歳前後に治療にかかることが好ましいのです。

個人により、その状態は異なるため、レントゲン写真や模型により審査・診断を行い、治療方針などを患者さんと相談の上で決定していきますので、ご心配のかたや興味のある方はご来院ください。

矯正は治療時期はありませんが一般に 第1、第2成長期に行うと骨や身体の成長変化する時期に 形体を治すと早く治るといわれております。また悪習慣がある場合、早期に治療しますと顎の状態や 姿勢まで治す事が出来ますので早めに来院する事を進めます。

Q4. オープンバイトは永久歯に生え変わると治ることもあるときいたのですが。

指を吸う癖を治せば、永久歯に生え変わる時には治ることがあります。

この時期オープンバイトの原因として密接に関係してくるのが、指しゃぶりや舌の大きさ、運動異常の筋機能異常です。指しゃぶりは3-4歳ごろまでは生理的なものですが5歳まで延長されたものは1つの習慣として確立されており早期に中止させることが望ましいでしょう。

治療法として最良なのは自発的に止めさせる事ですが、矯正歯科で自覚を促す装置を付けたり、筋機能運動の訓練をして正常な成熟過程に導くことも良い手段だと考えます。(質問箱・投稿記事より)

参考サイト:開咬/オープンバイト-Wikipedia

Top